旅行 - 写真

中国の宗教


中国の宗教
中国の宗教

国内でもっとも広く使用されている漢族の標準中国語は、本土以外に台湾の人々や、海外在住の華僑の間でもつかわれ、世界でもっとも多くの人が話す言語となっている。中国語には多くの方言があり、大きく北方語、呉語(上海語)、広東語、福建語、客家語の5つにわかれるが、相互にはほとんど通じない。全土で通用する共通語は北京語の発音を標準音とし、北方語を基礎とし、現代白話(話し言葉)の文章を文法規範とするもので、普通話とよばれる。中国語を表記する漢字の総数は約6万字で、うち常用漢字が2500字選定されている。漢字の簡略化がはかられ、日本の漢字とちがう簡体字が通常使用されている。、ハイナン省(海南省。1988年に広東省から分離して省に昇格)の各省に、台湾をふくむ。

55の少数民族のうち、21の民族は自身の文字をもち、なかにはナシ族の東巴(トンパ:トンバ)文字のような絵文字もあるが、回族、満族(満州族。女真)などは大多数が中国語をつかっている。残りのキルギス人、ミャオ(苗)族など34の民族は本来文字をもたない。信教の自由は憲法で保障されている。漢族の間では仏教または民間信仰である道教などが広く信仰されている。現在、政府が開放を許可している仏教寺院は約9500カ所、僧侶(そうりょ)は18万人いる。道観(道教の施設)は600余りある。1990年には中国道教学院が正式に開学した。少数民族の場合、イスラム教を信仰するのはウイグル族などの10民族、チベット仏教(ラマ教)や仏教を信仰するのは主としてチベット族、モンゴル族などである。

ミャオ族やイ(彝)族の一部はキリスト教を信仰する。オロチョン族などの民族は民族固有の宗教を信じている。現在、宗教ごとに中国仏教協会のような宗教団体が組織され、国外の団体との交流も活発である。仏教徒と道教信仰者の数は不明だが、イスラム教徒は約1800万人、キリスト教徒のうちプロテスタントは約1000万人、カトリックは約400万人といわれる。© 中国 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報