旅行 - 写真

ロンドン市


ロンドン市
ロンドン市 Foto E. Buchot

イギリスの首都。イングランド南東部、テムズ川下流部沿いに位置する。国際的な金融・保険・海運の拠点、世界の政治・文化の中心地で、東京、ニューヨークとならぶ世界3大都市のひとつにかぞえられる。人口は717万2036人(2001年)。

ロンドンは、「シティオブロンドン」あるいはたんに「シティ」とよばれる地域を発祥の地として大きく発展した都市で、このシティと周辺の32のバラ(自治区)でグレーターロンドンを構成する。グレーターロンドンのうち、シティおよび都心部の13区はインナーロンドン、その外縁部の19区はアウターロンドンとよばれる。グレーターロンドン全体を管轄する広域自治体として1965年にGLC(グレーターロンドン・カウンシル)が発足したが、86年、サッチャー政権の地方行政改革により廃止。かわって、イギリス初の公選市長(メイヤー・オブ・ロンドン)と議会(定数25)で構成されるGLA(グレーターロンドン・オーソリティ)が2000年に設置された。シティは、中世から自治組織をもち、ロード・メイヤーとよばれるロンドン市長を選出してきたが、現在では、シティの「市長」は名誉職的なものになっている。ロンドンにはイギリス全体の人口の12%が集中し、民族構成もきわめて多様である。住民の4分の1は非白人で、カリブ系・アフリカ系の黒人や、インド、パキスタン、バングラデシュなどのアジア系が多い。1950年代以降、人口はへりつづけたが、80~90年代にドックランズ地区の再開発などの都市改造計画がすすめられた結果、人口流出傾向はおさまり、90年代後半からは急カーブで増加している。

経済オブロンドン


ロンドンの経済はイギリス経済全体の状況を反映して多様な実態をみせている。雇用者総数の内訳では、サービス業が全雇用の4分の3に達し、観光、商業、金融・保険が大きな割合を占める。次に多いのが製造業、エンジニアリングおよび関連産業で、精密機器、コンピューター、航空機、自動車、化学、衣料関連などの工業や石油精製の一大中心地である。職種の面でも専門職、技術職、管理職が多いため、労働者の平均収入は他地域にくらべて高い。インナーロンドンは事業が地域ごとに集中している。銀行・金融業はシティ、行政機関はウェストミンスター、一流医院はハーリーストリート、紳士服のオーダーメイドはサビルロー、高級専門店はボンドストリートやオックスフォードストリートなど、教育・大学関係はブルームズベリー地区に多い。新聞社街として知られたフリートストリートは、1980年代に各新聞社が転出したが、今もジャーナリズムの代名詞としてその名をのこしている。工業は、サザークから東へ広がるテムズ川南岸の工業地帯でおこなわれている。ここには専門的な製品をつくる中小企業が多数立地する。一方、パークローヤルのような新しい工業地帯は、市の西部に形成されている。また航空機、コンピューター、電気機器の製造など、より高度で専門的な工業はグレーターロンドンの周縁地域でおこなわれている。西方にヒースロー空港、南郊にガトウィック空港があり、1991年には北東にスタンステッド空港が開港した。© フランスの写真 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報