旅行 - 写真

住民


南アメリカの人口
南アメリカの人口

南アメリカの人口は、とくに赤道地域の国々で急速に増加しており、都市人口の大幅な増加がめだつ。

民族


南アメリカではさまざまな民族が共存しており、主要な民族は先住民とスペイン人、ポルトガル人、アフリカ黒人の子孫などである。現在もっとも多いのはメスティソ(スペイン人・ポルトガル人と先住民との混血)で、ムラート(スペイン人・ポルトガル人と黒人の混血)はそれより少ない。

先住民はおもにアンデスの高地にすみ、スペイン系住民はアルゼンチンとウルグアイに多い。ブラジルではポルトガル系住民が多数を占める。植民地時代につづき、19世紀の独立後も1世紀半にわたってヨーロッパ人の絶え間のない流入がつづき、とくに19世紀後半~1930年代には数百万のイタリア人がアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイなどに移民した。それより数は少ないが、ドイツ人、ポーランド人、その他のヨーロッパ人もやってきた。

ヨーロッパからの移民の大半はアルゼンチンやブラジルで農業に従事したが 、ドイツ人やイタリア人の多くは入植地をつくった。シリア人やレバノン人など非ヨーロッパ人も多数移住したが、19世紀末には、インド、インドネシア、中国からの移民がふえ、20世紀にはいると多くの日本人がブラジル南東部やパラグアイ、ボリビアに入植している。

人口


南アメリカの人口は1960~90年の30年間に約2倍にふえた。全人口の半分強がブラジルにすみ、以下アルゼンチン11%、コロンビア11%、ペルー7.4%、ベネズエラ6.6%、エクアドル4%となる。65~90年の人口増加率は年平均2.4%で、1000人当たりの死亡率は7人。95年の推計で、15歳以下の人口は32.5%、平均年齢は22.9歳。人口の自然増と農村からの移住者増大は、年に約4%という都市人口の増加を生みだした。アルゼンチン、チリ、ウルグアイでは都市人口の増加率はいくぶん緩やかだが、熱帯地域の国や都市では急激である。もっとも都市化のすすんだ国はアルゼンチン、チリ、ウルグアイ、ベネズエラで、人口の少なくも80%が都市でくらしている。

全人口の約90%がカトリック教徒で、約1100万人と推定されるプロテスタントはブラジルとチリに多くすむ。ユダヤ教徒は約75万人、ヒンドゥー教徒は約55万人、イスラム教徒は約40万人、仏教徒は約37万5000人と推定されている。フランス領ギアナもふくめた13カ国のうち、9カ国でスペイン語が公用語となっている。ブラジルではポルトガル語、ガイアナでは英語、スリナムではオランダ語、フランス領ギアナではフランス語が公用語である。数多い先住民の言葉の中で多くの人々がもちいるものに、ケチュア語、アイマラ語、グアラニー語などがある。それぞれの使用人口は、ケチュア語約620万人、アイマラ語約200万人、グアラニー語約2万2000人である。

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報