旅行 - 写真

植生


南アメリカの鳥
南アメリカの鳥

南アメリカの植生は気候帯と密接にむすびついている。熱帯雨林気候地帯は、セルバとよばれる熱帯常緑樹林でおおわれている。セルバは赤道地域の大部分を占め、世界最大の森林地帯を形成している。アルゼしている。アルゼンチンの中央部から大西洋岸に広がる平坦なパンパは、南アメリカ最大の温帯草原である。太平洋岸を北上するにしたがって、植生は森林から林へ、さらに草原へと変化する。

南アメリカと中央アメリカ、メキシコの低地帯、西インド諸島は、動物地理学で新熱帯区とよばれる単一の地域に分類される。動物相は多様だが、メキシコ高地の北部をふくめ、ほかの大陸の動物相とはことなる。2種類の特別種のサル、吸血コウモリ、多くのめずらしいネズミをふくめ、南アメリカにしかいない哺乳類が全域でみられる。クマはメガネグマの1種類のみで、バクをのぞいて馬あるいはその近縁の動物はいない。

動物


南アメリカ特有の動物としてジャガー、ペッカリー、オオアリクイ、ハナグマがいる。新熱帯区にのみ生息する鳥は約23科600属におよぶ。大きな鳥としてはアメリカダチョウ、コンゴウインコ、フランミンゴがいる。爬虫類としては大型ヘビのボアやアナコンダがおり、イグアナ、ワニの仲間のカイマン、クロコダイルは多くの地域でみられる。淡水魚は種類が多く、豊富である。ガラパゴス諸島にはガラパゴスゾウガメ、ダーウィンフィンチ、ガラパゴスペンギンなど、ほかの地域にはいない爬虫類や鳥が生息している。

天然資源


南アメリカにはさまざまな鉱物資源が埋蔵されているが、その多くはじゅうぶんに利用されていない。アンデス地域では、砂金がスペイン植民地時代以前から採取されていた。ペルー南部からボリビア南部にまたがるアルティプラノ高原では、植民地時代に銀と水銀が採掘された。銅はチリ北部と中央部、ペルーの中央部と南部で大量に産出される。南アメリカは希少金属の主産地だが、なかでも鉄鉱石とボーキサイトが南アメリカの工業の発展に大きく貢献している。

石炭の埋蔵量は少なく、アンデス地方やブラジル南部に小さな鉱床があるにすぎない。それに対し、石油はひろく分布しており、ベネズエラのマラカイボ湖地域は世界有数の油田として知られる。© 南アメリカ Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報