旅行 - 写真

アフリカ文化


アフリカの農業
アフリカの農業

多くのアフリカ人は、伝統的に自給用の作物や家畜をそだてる農民や牧畜民だった。製造業や工芸は余暇の仕事としておこなわれた。しかし、少数の国家では長距離の交易制度を発展させ、その制度下で複雑な交易の仕組みをつくり、特定商品への特化をすすめ、通信網をととのえ、商業の流通を維持できる政府機構をつくりあげた。しかし、一般にアフリカの交易は、輸送や通信の困難さと、通貨やその他の相違のために発展がかぎられてきた。

ヨーロッパ人の植民化とともに、特定の農産物や鉱産物と国内労働移動に対する海外需要がおこり、新しくてより安全な輸送制度がつくられた。ヨーロッパの技術と作物が導入され、近代的な交換経済が発展した。土着産業や工芸品(たとえば繊維や製鉄)は、しばしばより安価ですぐれたヨーロッパ製品に駆逐された。港湾や行政の中心地の発展と同時に、加工産業の開発もすすみ、増加するアフリカ人の需要をみたすために、多くの消費財産業が発展した。

このようにアフリカ経済の特徴は、自給自足経済と近代的な交換経済が並存しているところにある。今後の発展は、投資資金の利用の可能性、原材料への世界的な需要、エネルギー資源をいっそう利用する可能性、ローカル市場の規模の拡大などにかかっている。商工業の拡大がアフリカ経済にとってきわめて重要であるにもかかわらず、多くのアフリカ人は依然として農民であり牧畜民である。北部と北西部アフリカでは、コムギ、カラスムギ、トウモロコシ、オオムギが主要な穀物である。

ナツメヤシ、オリーブ、柑橘類(かんきつるい)が主要な果樹のほか、いろいろな野菜も栽培されている。家畜はヤギとヒツジが飼育されている。サハラ地域では遊牧民がラクダをかい、オアシスでは少数の農民がナツメヤシと穀物を栽培している。サハラ砂漠以南では、広い地域で移動耕作から定着農業にかわってきている。熱帯雨林の外側では、米、ヤム、キャッサバ、オクラ、プランテンバナナが食糧用に栽培されている。大陸の3分の1以上を占めるツェツェバエの生息地では、牛は飼育できない。ツェツェバエ生息地以外と密林の外側では、牛はおもに食肉用にかわれている。酪農は東部と、南部の都市周辺にかぎられている。 地の60%では自給自足農業がいとなまれているが、商業用または換金作物の栽培も多くの地域でおこなわれている。食糧は地元の都市市場向けにつくられるが、コーヒー、綿花、カカオ、ラッカセイ、ヤシ油、タバコは輸出用に栽培されている。カカオ、ラッカセイ、チョウジ(丁字)、サイザルアサのような特定農産物は、アフリカが世界の供給量の2分の1以上を生産している。おもに東部と、南部アフリカのヨーロッパ人所有のプランテーションや農場は、柑橘類、タバコ、その他の輸出用の作物栽培に特化している。© アフリカ Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報