旅行 - 写真

自然環境


北米の植生
北米の植生

北アメリカの植生は人間活動によって大きくかえられたが、それでも全体としては自然植生がかなりのこっている。もっともめだつのがタイガ(亜寒帯林)で、トウヒ・モミ・ツガ・カラマツなどの針葉樹林が広範囲に分布している。タイガはカナダ南東岸から中部をへてアラスカへとつづく。アメリカ東部には混合林が多い。北半部は落葉広葉樹が中心だが、南半部にはマツが多い。

い。マツはかつて大量に伐採されたが、1940年代から二次林がふえている。西部の山地では植生は山地気候・地形に対応し、針葉樹が多い。カリフォルニア州のレッドウッドとセコイアは巨木として知られる 。メキシコの熱帯雨林は植物の種類が多い。

乾燥地帯では砂漠をとりまくように草原と灌木林(かんぼくりん)が分布している。アメリカからカナダ南部にかけての平原地域はかつて草原だったが、今日では耕作地として開発されている。乾燥度が高いところでは植生は少なく、灌木やサボテンがみられる。北部のツンドラは森林の極限界以北で、わずかの草と蘚類、地衣類が植生の中心である。

動物


野生動物はかつて数多く、種類も豊富だったが、開発がすすむにつれて大幅に減少した。一般的に動物相は北ヨーロッパ、北アジアと似ている。

哺乳類としてはクマ(最大のクマはグリズリー)、ビッグホーン、バイソン(現在は保護されている)、カリブー、ヘラジカ、ジャコウウシ、ワラビーがいる。大型肉食獣としてはピューマ、ジャガー、オオカミ、コヨーテ、ホッキョクグマがみられる。オポッサムは北アメリカ唯一の有袋類である。毒ヘビも多く、サンゴヘビやガラガラヘビは有名である。北アメリカだけに生息し毒をもつ爬虫類のアメリカドクトカゲやメキシコドクトカゲもみられる。魚や貝も多い。© 写真 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報