旅行の写真
ペット
フランスでの文化
写真フランス

フランスの学問の中心は中世の大学からはじまり、現代の大学と専門学校へとつづいている。学術や教育の発展につくした者には18世紀のフェヌロンとルソー、19世紀のクーザンらがいる。中央集権的な学校教育はナポレオン1世がはじめた。現代の教育制度は主として1881~86年に制定された法律にもとづいており、1905年には教育における教会と国家との分離がおこなわれた。

行政区分 主要都市

1959年に義務教育の対象年齢が16歳にひきあげられた(現行の義務教育期間は6~16歳の10年間)。通常、小学校は6~11歳の5年、中学校(コレージュ)は11~15歳の4年だが、飛び級や留年もおこなわれる。3年間の高校(リセ、あるいは職業リセ)を卒業する際に、後期中等教育修了と高等教育入学資格をあわせて認定する国家資格バカロレアの試験をうける。高等教育をめぐっては、68年の学生の反乱「五月革命」をうけて、ド・ゴールによって高等教育改革が実施され、大きな大学は分割された。有名な大学にはパリ大学のほか、エクス・マルセイユ大学、リール大学、リヨン大学、ナンシー大学、ストラスブール大学がある。

数世紀にわたってフランスの文化は、とくに文学、美術、建築、音楽の領域で、ヨーロッパ全体に大きな影響力をもち、わけてもパリはフランス文化の源泉とみなされてきた。

フランスの文化の

16~18世紀、ハプスブルク家と対抗してブルボン家がルイ14世を頂点に絶対王政を花開かせた時代には、ヨーロッパじゅうからすぐれた芸術家や職人がパリにあつまり、ドレスや社交マナーから家具、建築にいたるまで、いわゆるフランス様式をはやらせた。

フランスには世界的に有名な多くの画家が生まれている。16世紀では、宮廷画家のクルーエ、17世紀では、夜の光景をこのんで描いたジョルジュ・ド・ラ・トゥール、おもにローマで活躍したプッサン、フランス古典主義を代表するクロード・ロラン、18世紀では、フランス・ロココを代表するワトー、ブーシェ、フラゴナール、庶民の暮らしを描いたシャルダンなどがあげられる。19世紀に入ると、新古典主義のアングル、ロマン主義のドラクロワ、写実主義の先駆者ジェリコーとならんで、古典主義を完成させたダビッドが活躍した。この世紀の中ごろには、写実主義のクールベ、石版画で知られるドーミエ、バルビゾン派のミレーやコローらが輩出し、印象派としてはモネ、ピサロ、ルノワールなどが活躍した。後期印象派の画家にはドガ、セザンヌ、ゴーギャン、ロートレックなどがいる。1900年代初めには、スペイン生まれのピカソがパリで絵を描きはじめていた。

すぐれた彫刻家も何人か誕生している。16世紀ではグージョン、ピロンがおり、17世紀にはピュジェが動感にあふれた作品を制作した。18世紀にはロココに古典主義をもりこんだピガールが活躍している。19世紀でもっとも重要な彫刻家といえばロダンである。20世紀に入ると、そのロダンの影響をうけたルーマニア生まれのブランクーシや、イタリア生まれで、画家でもあるモディリアニがフランスで活躍した。フランスの建築では、12~15世紀にたてられた巨大なゴシック教会が有名である。とくにパリ北郊サンドニにあるサン・ドニ大聖堂、パリのサント・シャペル礼拝堂やアミアン大聖堂、シャルトル大聖堂、パリのノートル・ダム大聖堂などは世界的に知られている。

そのほかロワール川沿いに点在するシュノンソー、シャンポールなどの城も歴史的建造物として注目される。バロック様式を代表する建築としては、ベルサイユ宮殿とルーブル宮殿(現在はルーブル美術館)がある。19世紀の建築としてはパリのオペラ座とエッフェル塔があげられる。"ピレネー山脈" Microsoft® Encarta® Online Encyclopedia 2008
http://jp.encarta.msn.com © 1997-2008 Microsoft Corporation. All Rights Reserved.
国情報
カスタム検索