旅行 - 写真

ラテンアメリカの左派政権と連携強化


キューバ
キューバ

1ラテンアメリカでは近年、ベネズエラやブラジル、ボリビアなど左派政権が次々に誕生した。カストロは高齢といえども、ベネズエラのチャベス大統領やブラジルのルラ大統領らにとっては左翼革命の英雄で、尊敬されている。カストロはこれらの政権と積極的外交を展開、とくにチャベス大統領とは反米で連携し、ベネズエラから石油を優先的に輸出してもらうなど、経済的なつながりを強めた。また、2005年半ばから、ベネズエラなど海外への医師や医療スタッフの派遣が新たな外貨獲得源となり、さらに中国との貿易も大きく成長し、経済は少しずつもちなおしてきた。

カストロ議長が健康不安を理由に引退


2006年7月、カストロは腸内出血で緊急手術し、最高指導者の権限を実弟のラウル・カストロ国家評議会第一副議長に暫定委譲した。その後も公的な場にあらわれなかったため、08年1月の人民権力全国会議議員選挙でのカストロ議長選出の動向が注目されたが、カストロをふくむ候補者全員が当選、2月の人民権力全国会議で国家評議会議長に7選されるとの見方が広がった。しかし、2月になるとカストロは、健康不安を理由に評議会議長と軍最高司令官か

らの引退を表明、ある程度、予想されていたこととはいえ、小国キューバを約半世紀もひきい、世界政治の舞台で大きな存在感をしめしてきたカストロの退任表明は大きな衝撃を世界にあたえた。

2月の人民権力全国会議では、ラウルがカストロ国家評議会議長の後継となった。ラウル新議長は、グローバル化がすすむ中で革命路線を維持しながら、経済改革や行政の効率化をはかるという、むずかしい政権運営をせまられる。カストロ前議長のようなカリスマ性や求心力はない。就任演説でラウル新議長は、国の将来の重要な決定にあたってはカストロ前議長に相談すると明言、路線に大きな変わりはないとみられている。

日本との関係


国交の樹立は1929年(昭和4年)12月。60年に通商協定を締結(発効1961年)。カストロ議長は95年(平成7年)12月に中国訪問の帰途、非公式ながらはじめて日本を訪問、村山富市首相らと会談した。その後、外相らの要人往来が活発化し、2000年のミレニアム・サミットでは森喜朗首相とカストロ議長の懇談がおこなわれた。03年3月に2度目の非公式訪問があり、小泉純一郎首相と会談し、広島をおとずれて平和記念公園で献花した。 なお、1998年はキューバ移住100周年にあたり、ハバナで日系人らによる記念行事がおこなわれた。2006年の対日輸入額は約1億2758万米ドル、輸出額は約1824万米ドルである。なお、キューバにはラフベントゥ島をふくめ各地に約1000人の日系人がすんでいる。© 写真 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報