旅行 - 写真

フランスのピレネー山脈


山のフランス:ピレネー山脈
山のフランス:ピレネー山脈

ヨーロッパ南西部の山脈。ビスケー湾から地中海までつらなり、イベリア半島をヨーロッパの他の地域からへだてている。半独立の小国アンドラなど数カ所をのぞいて、フランス・スペインの国境が山脈の峰伝いにはしり、山の約3分の2はスペイン側にある。長さは、435km、面積は5万5374km²である。山脈の幅は、もっとも広いところで130kmある。

ピレネー山脈は、西部・中部・東部の3つにわけられる。ビスケー湾からソムポール峠までのび、スペイン北部のカンタブリア山脈に接続する西部は、ほとんどが標高900~1200mと低い。ペルシュ峠までのびる中部には、最高峰のアネト山(3404m)のほか、ペルディド山(3355m)・ビニュマル山(3298m)など高峰がつづく。地中海にいたる東部の峰は、2100~2700mである。

ピレネー山脈は、アルプス山脈より古く、おもに古生代から中生代にかけて形成された。山脈の東半分がおもに花崗岩や片麻岩でできているのに対し、西半分では低斜面が石灰岩、山頂付近が花崗岩でできている。また、気候や植生の境界にもなっていて、降水量はフランス側では多く、スペイン側ではきわめて少ない。西部では低斜面が森林におおわれるが、東部の山々では植生がまばらである。万年雪の限界は標高1800m付近にあり、中部の高山では小規模な氷河がみられる。

山脈のフランス側は、スペイン側より傾斜がかなり急で、急流や滝が多い。 山脈東部では地中海式農業がおこなわれているが、西部では山からながれでる水による水力発電を動力源とした製造業がみられる。ほかに鉄・鉛・亜鉛・マンガン・石炭の採掘や、大理石の採石がおこなわれている。一帯の都市としては、スペイン側にハカ、リポルなど、フランス側には巡礼地として名高いルルドなどがある。山中にはアンドラ人・カタルニャ人・ベアルヌ人・バスク人などがすんでいて、数多くの温泉・冷泉があり、フランス側のコートレ、バニェール・ド・ビゴールなどの鉱泉が有名である。© 写真 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報