旅行 - 写真

ロンドン市


ビッグベン
ビッグベン、 Foto E. Buchot

1世紀中ごろテムズ川北岸にロンディニウムの要塞(ようさい)がローマ人によってきずかれ、およそ1000年後、ウェストミンスターに国政の中枢がおかれた。以来、この2カ所を中心にセントラルロンドンは発展した。

シティは、ローマ時代からの商取引の町で、イングランド銀行、証券取引所、ロイズをはじめ、各種銀行や保険会社が軒をならべる金融・通商の中心地である。第2次世界大戦中、ドイツ軍の爆撃によって多大な被害をうけ、その後大々的に再建されて、現在は近代的なオフィス街になっているが、東端のロンドン塔、西端のセント・ポール大聖堂や、中世以来ロンドン市政の場となってきたギルドホールなど歴史的な建造物もたっている。

シティの北部、東部に広がるイーストエンドは、倉庫、衣類の卸売業、家具や精密機器の製造で名高い。ドイツ軍の爆撃によってロンドンでもっとも大きな被害をうけ、広範囲に再建がおこなわれた。この地区には、低所得者層や旧植民地からの外国人が多く居住している。イーストエンドの南東、タワー・ブリッジの東の地区が、かつてロンドン港の港湾施設がたちならんでいたドックランズである。19世紀に大型ドックがあいついで建設され、植民地から原料をはこび、製品を輸出する船が頻繁に出入りしていた。第2次世界大戦後、ロンドン港がテムズ川河口にうつって一時荒廃したが、1980年代からの大規模な再開発によって、倉庫群はレストランや展示施設、博物館、ホテル、居住空間などに変貌(へんぼう)した。ドックランズとシティとはドックランズ・ライト・レールウェーでむすばれ、コンピューター制御による無人運転列車がはしっている。

シティの西側は法曹地区になっている。ここはフリートストリート沿いの中世の町が発達した所で、テンプル騎士団によって建設されたテンプル(殿堂)が14世紀に法律家に使用されるようになったため、その近くにテンプル・インやリンカンズ・イン、グレーズ・インといった多くの法律学校ができた。19世紀には王立裁判所がすぐ北方に建設されている。その北がブルームズベリーで、ロンドン大学や大英博物館があり、バージニア・ウルフらのブルームズベリー・グループやD.H.ロレンスら文人ゆかりの地としても知られる。テンプルからテムズ川をさかのぼった左岸は、古くからの政治の中心地ウェストミンスターで、国会議事堂やウェストミンスター寺院がある。国会議事堂からトラファルガースクエアにむかう通りホワイトホールは新旧の政府機関が集中する官庁街で、首相官邸などがあるダウニング街もこの一角にある。バッキンガム宮殿からセントジェームズパークにそってのびる並木道ザ・マルは、王室の儀式のパレードがとおる道として知られる。

ウェストミンスターの北は、ロンドンでもっともにぎやかな地域ウェストエンドである。ボンドストリート、ベーカーストリート、リージェントストリートなどの大通りは今日、ロンドンの主要なショッピング街となり、ピカデリー・サーカスをふくむソーホー地区は大歓楽街を形成して、かつてあった多くの邸宅は商店にかわっている。劇場街に近いコベント・ガーデンは、300年あまりにぎわった果物・生花・野菜卸市場が1974年にテムズ川南岸に移転したあと、17世紀の建物を生かす形で再開発がおこなわれ、市場跡は、ブティックやアンティーク・ショップ、レストランがあつまる一大ショッピングセンターとして生まれかわった。オックスフォードストリートの北にあるメリルボーン、ユーストン、ペントンビル、シティロードといった地区は、19世紀半ばの都市開発で開かれた。パディントン、メリルボーン、ユーストン、セントパンクラス、キングズクロスなどの駅があり、西部、北部、東部へむかう列車が出ている。南部にいく場合には、ビクトリア、チャリングクロス、ウォータールー、ロンドンブリッジの各駅が利用される。ロンドンは公園が多いことでも有名である。なかでも、バッキンガム宮殿周辺にあるセントジェームズパーク、グリーンパーク、ハイドパークや、ケンジントンガーデンが知られている。北にはリージェントパークが、テムズ川上流にはリッチモンドパーク、王立植物園として有名なキュー・ガーデン、ブシーパークがある。また、王立海軍兵学校と旧王立天文台の周りにはグリニッジパークが広がり、ハムステッドヒースや、北側からロンドンを眺望できるパーラメントヒルフィールズもある。「のみの市」はロンドン名物であり、高価な骨董品(こっとうひん)から古着まで、あらゆる物が売られている。大きい市のひとつに、リージェントパークの北側にあるカムデンロック・マーケットがあげられる。イーストエンドにはペティコートレーン・マーケットがあるが、この名称はかつて商品のほとんどが女性の下着(ペティコート)だったことに由来する。ノースケンジントンのポートベロ・マーケットでは、平日に果物や野菜を、週末には骨董品などがならべられている。© フランスの写真 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報