旅行 - 写真

スペインの地理学


スペインの気候そして植物
スペインの気候そして植物、 Foto E. Buchot

スペインの気候は気温の変化がはげしいことを特徴とする。北部の山地をのぞいて一般に降水量が少なく、年降水量は610mmほどである。変化にとむ地形のため、気候の地域差も大きい。ビスケー湾および大西洋岸沿いは気候がほぼ一定で、湿潤、冷涼である。中央高原の夏は乾燥がいちじるしく、ほとんどの小河川がひあがり、土地はかわききって、しばしば干ばつにみまわれる。

マドリードでは冬の寒さがきびしく、周辺の小河川が凍結する。セビーリャでは夏の気温が50°Cにもなる。南部の地中海沿岸は亜熱帯気候をしめし、南端のマラガの冬の平均気温は14°Cである。

森林におおわれているのは国土の35.9%(2005年推計)で、とくに北西部に多い。常緑のオークが各地に自生する。コルクガシが多く、コルクの採取のため10年ごとに皮をはぐ作業がおこなわれる。オリーブの栽培が盛んで、乾燥した土壌ではブドウが栽培される。アフリカハネガヤも豊富で、製紙や繊維産業に利用されている。地中海沿岸では、オレンジ、レモン、イチジク、アーモンドなどがみられる。

スペインでもっとも価値のある天然資源は土壌で、耕作可能の土地が国土の37%(2005年)を占める。中央高原はなかば乾燥の赤褐色土壌で、南部や北東の沿岸部は赤色の地中海土壌でおおわれている。南東部では灰色の砂漠状の土壌となる。

北部の森林は灰褐色の森林土でおおわれており、カンタブリア山脈では、分解されにくい落ち葉などが堆積(たいせき)してできる有機物層の土壌ポドゾルがみられる。 鉱物資源も豊かで、無煙炭、褐炭、鉄鉱石、ウラン、水銀、亜鉛などのほか、石油、天然ガスも埋蔵されている。炭田は北西部のオビエド周辺に、鉄鉱床はサンタンデル、ビルバオ付近にある。 © スペイン Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報