旅行 - 写真

アフリカの住民


アフリカの住民
アフリカの住民

サハラ砂漠をふくむ大陸の北部ではコーカソイド(ベルベル人やアラブ人)が多く、大陸の全人口の4分の1を占める。サハラ以南ではネグロイドが多く、全人口の約70%を占めている。コイサン系のサン族(ブッシュマン)とコイ族(ホッテントット)は南部アフリカにすむ。ピグミーはコンゴ盆地とタンザニアに集中している。アフリカ大陸には約500万人の白人がおり、南部アフリカに多くすんでいる。約100万人のインド人が東海岸と南アフリカ共和国にいる。

アフリカには3000以上の部族がある。部族の基本的な社会単位は拡大家族である。拡大家族は、リネージやクラン(氏族)のような血縁集団を通じてより大きな社会にむすびついている。血縁集団は、一般にその構成員間の婚姻をタブーにし、集団外の者と結婚する。村は父系か母系による単一の血縁集団でなりたっていることが多い。

アフリカは世界の陸地面積の5分の1を占めているが、人口は世界人口のおよそ13%にすぎない。人口は9億3581万2580人(2007年推計)である。人口密度は1km2当たり31人で、世界平均46人よりはるかに低いが、砂漠をのぞいて可耕地にかぎると人口密度は15倍ほど増加する。人口稠密(ちゅうみつ)地域は北と西の海岸部、ナイル川などの流域、東アフリカ高地である。ナイジェリアの人口は1億3503万1160人(2007年推計)で、アフリカ大陸の国々でもっとも多い。人口増加率は国や地域でちがうが、平均2.4%と高い。年齢構成は若年層が多く、全人口の約半数は15歳以下である。

アフリカ人はおもに農村にすみ、人口2万人以上の町にすんでいるのは人口の3分の1にすぎない。100万人以上の人口をもつ都市は、エジプトのカイロ、アレクサンドリア、ギーザ、アルジェリアのアルジェ、モロッコのカサブランカ、セネガルのダカール、ナイジェリアのラゴス、エチオピアのアディスアベバ、ケニアのナイロビ、タンザニアのダルエスサラーム、コートジボワールのアビジャン、コンゴ民主共和国のキンシャサ、ジンバブエのハラーレ、南アフリカ共和国のヨハネスバーグである。都市化は1950年代以降に急激にすすみ、国内の農村から都市への移動ばかりでなく、国際的な労働移動も盛んである。内戦や干ばつで大量の難民も発生している。© アフリカ Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報