旅行 - 写真

日本の植物


日本の花
日本の花、 Foto E. Buchot

日本の植生は、亜熱帯(ごく一部は熱帯)から冷温帯・亜寒帯までの南北差、国土の68.2%(2005年推計)を占める森林、降水(雪)量の多さ、海岸から高山までの大きな高度差、暖流と寒流の存在によって、ひじょうに多様性にとみ、植物の種類は1万7000種をこえる。 東北日本の自然植生はおもに落葉(夏緑)広葉樹で、ブナ、ナラ、カエデ、シラカバなどが多いが、高山や北海道東部ではトウヒ、モミ、ツガ類の常緑針葉樹が多い。一方、西南日本の自然植生は常緑広葉の照葉樹で、カシ、シイ、ツバキ、クスノキなどが多い。長い歴史の中で伐採や植林がすすみ、人工林が大半を占める。天然の草地は、火山、低湿地、高山などにかぎられている。

スギはしばしば巨木となり、屋久島には縄文杉や大王杉など樹齢1000年以上の屋久杉がたくさんあるほか、本州、四国、九州で大量に植林され、各地で古くから生産されている。北海道北部と沖縄をのぞきアカマツが広くみられるが、ほとんど二次林か植林である。クロマツは本州、四国、九州に分布し、西南日本の海岸にはよくみられる。カラマツは本州の高原地域に多いが、明治以降、北海道で大量に植林された。南西諸島は亜熱帯林で、マングローブもみられる。

サクラは多種類あるが、ソメイヨシノがもっともふつうにみられる。サクラは日本の代表的な樹木として世界的に知られ、国花とされることが多いが、キクを国花とすることもある。観賞用としてはウメ、チューリップ、ボタン、ツツジ、バラ、アジサイ(日本原産)、アサガオ、ハボタンも有名で、また秋の紅葉、冬の樹氷もうつくしい。タケやササが多いのも特徴的である。いけばな、盆栽、日本庭園、菊人形といった植物を素材とする芸術や、植物の栽培技術もよく発達している © 日本 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報