旅行 - 写真

アートは、英国


劇場は、英国の
劇場は、英国の Foto E. Buchot

イギリスの視覚芸術は、スカンディナビア人の木彫に影響をうけ、装飾に対する関心からはじまった。イングランドがキリスト教化されると、各地の修道院で彩飾写本がつくられるようになり、10世紀には写本芸術が最盛期をむかえる。12~16世紀には、ロマネスク様式とゴシック様式のすぐれた教会建築がイギリス美術を代表するものであった。イングランドの教会建築の特徴として、二重交差廊、長方形の後陣、ファン(扇状)ボールト方式があげられる。17~18世紀には、イニゴー・ジョーンズやクリストファー・レンなどの建築家がイングランドにルネサンスとバロックの建築様式をもたらした。

ルネサンス期の絵画は、外国の画家たちによって発展した。16世紀にはドイツのホルバインがヘンリー8世の宮廷画家となり、17世紀にはフランドルのファン・ダイクがチャールズ1世の宮廷画家となって、肖像画の名作をのこした。彼らの影響のもとに、18世紀になるとホガース、レーノルズ、ゲーンズバラ、ロムニーらの肖像画家が登場し、国民画派として興隆する。19世紀には、コンスタブルやターナーらの風景画家がイギリス絵画のひとつの頂点をきわめ、20世紀にはホックニー、ベーコンらが登場した。

工芸や彫刻の分野では、18世紀半ばにウェッジウッド焼を創始したウェッジウッド、同じころ家具デザイナーとして活躍したチッペンデール、20世紀の前衛彫刻家ヘンリー・ムーアらが代表的作家である。また、19世紀後半にはウィリアム・モリスによってはじめられたアーツ・アンド・クラフツ運動とよばれる美術工芸運動が、ウィーンやアメリカのデザイナーに影響をあたえ、またアール・ヌーボー様式の源泉ともなった。© フランスの写真 Emmanuel Buchot

イギリス政府は

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報