旅行 - 写真

地理学、欧州大陸


ヨーロッパ山
ヨーロッパ山

ヨーロッパには、スカンディナビア半島、イベリア半島、イタリア半島など、大小多くの半島があるとともに、アイスランド、イギリス諸島、サルデーニャ島、シチリア島など多くの島をふくんでいる。ヨーロッパの最高峰は南西ロシアにあるカフカス山脈のエリブルス山(標高5642m)、もっとも低い場所は海面下28mのカスピ海北岸である。

地層の面でヨーロッパは、北から南に以下の4地域に区分される。古生代以前の古い岩石からなるバルト楯状地とロシア卓状地、その西のシルル紀~デボン紀のカレドニア造山運動でつくられた褶曲山脈地域、両者の南に広がる石炭紀~二畳紀のバリスカン(ヘルシニア)造山運動によってつくられた山系地域、最南部の中生代~第三紀のアルプス造山運動によってつくられた地域である。このような複雑な地層形態がヨーロッパ特有の景観をつくりだしている。

先カンブリア時代から古生代前半に形成されたバルト楯状地は、フィンランドとほとんどのスウェーデンの地層を形成している。約5億年から3億9500万年前のカレドニア造山運動によって、アイルランド、イギリスのウェールズ地方とスコットランド地方、ノルウェー西部の山脈がつくられた。 バリスカン(ヘルシニア)造山運動によって形成された地域は、フランスの南西部からドイツ、ポーランドをへて北東へむかい、ロシア西部にいたる。イギリスとアイルランドの南東部の一部、スペインのメセタもこれにふくまれる。

アルプス造山運動によって形成されたヨーロッパ南部の地形はもっとも新しく、約4000万年前の第三紀中期ごろまでに形成された。アフリカプレートとアラビアプレートがユーラシアプレートと衝突して、アルプス、ピレネー、シエラネバダ、アペニノ、カルパティアなど各山脈がつくられている。アルプス造山運動によって形成されたヨーロッパ南部の地形はもっとも新しく、約4000万年前の第三紀中期ごろまでに形成された。アフリカプレートとアラビアプレートがユーラシアプレートと衝突して、アルプス、ピレネー、シエラネバダ、アペニノ、カルパティアなど各山脈がつくられている。© ヨーロッパ Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報