旅行 - 写真

カナダの植物相


カナダの植物相
カナダの植物相

北部はツンドラ地帯が広がり、樹木はみられない。大西洋沿岸諸州は、かなりの部分が針葉樹と広葉樹の混合林におおわれている。大平原諸州(アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州)では、アメリカとの国境から北にむかいサスカチュワン川流域にいたるまで、ほとんど樹木はみられず草原地域となる。サスカチュワン川の北側には、ハドソン湾からグレートスレーブ湖やロッキー山脈にかけて、トウヒ、カラマツ、ポプラなどがまばらに生えているが、大きい樹木はそだたない。

ロッキー山脈の乾燥した東斜面や谷ではマツ類が多く、西にむかい降水量がふえるにつれて森林の密度は高くなり、樹木も大きくなる。とくに太平洋沿岸に近い海岸山脈の西斜面は常緑樹のうっそうとした森林でおおわれており、おもな樹種はトウヒ、アメリカツガ、ダグラスファー、バルサムモミ、バンクスマツ、スギなどである。

カナダの動物相は北ヨーロッパやアジアと類似している。哺乳類は193種(2000年)が現存する。肉食動物としてはオコジョ、クロテン、クズリ、ミンクなどのイタチ類のほか、アメリカグマ、グリズリー、オオヤマネコ、オオカミ、コヨーテ、キツネ、スカンクなどがいる。ホッキョクグマ(シロクマ)は北極圏全域に生息しており、ピューマ(アメリカライオン)はブリティッシュコロンビア州でみられる。そのほか、ビーバーをはじめ、カナダヤマアラシ、マスクラット、ノウサギなど、小型のげっ歯類が多い。

バージニアシカには、カナダ南部の固有種が数種ある。オグロジカとエダツノレイヨウが、ブリティッシュコロンビア州や平原地域にすむ。ウッドランド・カリブー(カナダトナカイ)とアメリカヘラジカは数も多く、広く分布しているが、バーレン・グラウンド・カリブー(ホッキョクトナカイ)の生息域は北部にかぎられる(→ カリブー)。北部にはジャコウウシも生息する。ヘラジカとバイソンは西部でみられる。ブリティッシュコロンビア州の山地にはオオヒツジ、ロッキー山脈にはシロイワヤギが多い。鳥類は豊富で多様であり現存するのは426種。魚類は内陸水域だけでも177種いる。爬虫類と昆虫は、最南部をのぞいてほとんどいない。© カナダ Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報