旅行 - 写真

アフリカ動物


アフリカ動物
アフリカ動物

動物の生息地は、2つの地域にわけられる。サハラ砂漠をふくむ北部および北西部地帯と、サハラ砂漠以南のすべてをふくむエチオピア地帯である。ヒツジ、ヤギ、馬、ラクダが多く、北部と北西部地帯の動物はユーラシア大陸に似ている。バーバリーシープ、アフリカアカシカ、2種類のアイベックスは北アフリカ海岸原産である。サハラ砂漠ではノウサギ、ガゼル、トビネズミとともにサバクギツネもみられる。

エチオピア地帯は多種の動物や鳥の生息地として有名である。森林地帯と草原地帯には多種類のカモシカ、シカ、シマウマ、キリン、ヤギュウ、アフリカゾウ、サイ、ヒヒ、サルが生息。食肉動物ではライオン、ヒョウ、チーター、ハイエナ、ジャッカル、マングースがいる。世界最大の類人猿のゴリラは、サル、トビリス、コウモリ、キツネザルと同様、赤道アフリカの雨林に生息している。

多くの鳥はユーラシア大陸系である。ホロホロチョウは狩猟用の鳥として知られている。水鳥、とくにペリカン、サギ、フラミンゴ、コウノトリ、シラサギは群れをなしている。ナイル川地域ではトキが多く、東部と南部アフリカではダチョウがみられる。爬虫類(はちゅうるい)はおもにユーラシア系で、トカゲ、ワニ、カメがいる。マンバをふくむ多種類の毒ヘビはエチオピア地帯のいたるところでみられる。大型ヘビでは、パイソンはおもに西アフリカで、ボアはマダガスカルだけでみられる。淡水魚は2000種以上が知られている。大陸にはさまざまな害虫がおり、とくにカ、サスライアリ、シロアリ、イナゴ、ツェツェバエは有名である。ツェツェバエは人間と動物へ眠り病を伝染するものとして知られている(動物の場合は、ナガナ病とよばれる)。© アフリカ Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報