旅行 - 写真

地理学


エジプトの山
エジプトの山

国土の90%は砂漠で、西方にはサハラ砂漠の一部であるリビア砂漠(西砂漠)、東方には紅海とスエズ湾に接するアラビア砂漠(東砂漠)がある。西砂漠には海抜0m以下という地域が多く、面積1万8000km2の広さをもつカッターラ低地は海面より133mも低く、アフリカ大陸でもっとも低い地点とされている。シナイ半島の北部は砂漠、南部は山地になっており、エジプトでいちばん標高が高いカテリーナ山(2637m)や、旧約聖書でモーセが十戒をさずかったといわれるシナイ山がある。

ナイル川は南隣のスーダンで白ナイルと青ナイルが合流し、エジプト国内を1545kmにもわたって北上して地中海にそそぐ。アスワン・ハイ・ダムによってできた巨大なナセル湖(ハイ・ダム湖)は、長さ480km、最大幅16kmにおよび、北3分の2がエジプト領内に、残りがスーダン領内にある。ナイル河谷の南端にあるイドフーの町では、谷幅は約3kmほどだが、カイロとイドフー間では幅約23kmになり、西側には豊かな平野が広がっている。カイロ近辺で、ナイル河谷はナイル・デルタになる。ここは典型的な扇状三角州で、地中海にむかって約250kmも広がっている。

かつてはナイル川によってはこばれる土で、デルタ地域は国内でもっとも肥沃(ひよく)な土地だったが、アスワン・ハイ・ダムによってナイル川の水量が減少したため、地中海から逆に塩水が入りこむようになった。ナイル河谷は、古くから下エジプトと上エジプトという、カイロを境にした2つの地域にわけられている。前者はデルタ地域をさし、後者はカイロから上流の谷をさしている。エジプトは海岸線が2450kmある。アジアに属するシナイ半島とアフリカ大陸をつなぐスエズ地峡には、地中海とスエズ湾をむすぶスエズ運河が横切っている。© エジプト Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報