旅行 - 写真

イスタンブール文化


イスタンブールの建築
イスタンブールの建築 Foto E. Buchot

イスタンブールには、由緒ある歴史的建造物が数多くのこっている。6世紀にユスティニアヌス1世によってたてられた教会で、15世紀にモスクにされ、今では博物館になっているハギア・ソフィアもそのひとつである。ハギア・イレネ、またモザイクや壁画のあるカーリエ・ジャーミーや、メフメト2世、スレイマン1世の時代の、オスマン帝国時代の建造物もたくさんある。それらの特徴は、ハギア・ソフィアのようなビザンティン様式を反映しながらも、外部に細長いミナレット(尖塔:せんとう)をたて、内部の壁にみごとな装飾をほどこすなどして、トルコ的な要素もとりいれている。

19世紀に王宮はボスポラス海峡沿いのドルマバフチェ宮殿にうつされ、ケマル・アタチュルク以来トルコの大統領がしばしばそこを利用してきた。 もっとも古い高等教育機関は、イスタンブール大学(1453年創立)である。そのほかにも、イスタンブール工科大学(1773)、ボスポラス大学(1863)などがある。イスタンブールは、東方正教会の総主教の本拠地であり、また、アルメニア教会の総主教の管轄区でもある。市内にはおよそ200ものキリスト教会がある。美術館ではオスマン帝国のスルタン宮殿を美術館にしたトプカプ宮殿博物館がイスラム美術と中国陶磁器の膨大なコレクションをほこり、イスタンブール考古学博物館はギリシャ・ローマやビザンティンの美術品などをおさめている。

イスタンブールの歴史


イスタンブールは、まずビザンティン帝国の、そしてのちにオスマン帝国の首都として、歴史的に重要な都市である。また、世界でもっとも多く侵略された都市のひとつとしても知られる。 トルコが支配する前の673~678年はアラブ人に、813年と913年はブルガリア人に、そして1203年と04年の2回にわたって第4回十字軍に占領された。1453年にコンスタンティノープルがトルコ人の手におちると、街はオスマン帝国の首都になり、1923年に新しく建国されたトルコ共和国がアンカラを首都にするまでつづいた。18~23年には、イギリス、フランス、イタリアにも占領されている。30年に正式にイスタンブールと改称された。 なお、2003年11月15日、市の中心部にあるシナゴーグで連続自爆テロがおき、また20日には、イギリス系銀行HSBCトルコ本部前とイギリス総領事館付近でも同じような自爆テロが発生した。両事件の犠牲者は計50人をこえる。これらにはアルカーイダ系組織の犯行声明が出ており、実行犯はいずれもトルコ人と目されている。 © 写真 Emmanuel Buchot

訪れるアフリカ諸国の写真

写真モロッコ

写真モロッコ

写真

チュニジア

チュニジアの写真

写真

訪問するヨーロッパ諸国の写真

トルコの写真

トルコの写真

写真 情報

チェコ共和国

チェコ共和国の写真

写真

スペインの写真

スペインの写真

写真 情報

写真スコットランド

写真スコットランド

写真

ギリシャの写真

ギリシャの写真

写真 情報

ドイツからの画像

ドイツからの画像

写真

ポルトガルの写真

ポルトガルの写真

写真 情報

写真イタリア

写真イタリア

写真 情報

イギリスの写真

イギリスの写真

写真 情報

写真スウェーデン

写真スウェーデン

写真 情報

オランダ

オランダ

写真

写真フランス

写真フランス

写真 情報

写真デンマーク

写真デンマーク

写真

訪れるアジア諸国の写真

写真インド

写真インド

写真 情報

中国の写真

香港の写真

写真 情報

中国の写真

中国の写真

写真 情報

韓国の写真

韓国の写真

写真

カンボジアの写真

カンボジアの写真

写真

写真タイ

写真タイ

写真

訪れるアメリカの国々の写真

アメリカ合衆国の写真

アメリカ合衆国の写真

写真

カナダの写真

カナダの写真

写真 情報

ウェブサイト情報